CADとは何か?

建築施工図を書く為の道具として、具体的にはどんなものがあるのか。

これを説明する前に、まずはパソコンの便利な部分について簡単に説明してみました。

・計算が速くて正確

・飽きないで計算処理をしてくれる

・様々なソフトをインストール可能

こんな感じで、パソコンの便利なところについて、個人的な意見を書いてきた訳ですが……

ここまで書いたら、今回どんな話をするのか、もうほとんど読めてしまうかも知れませんね。

今回書きたいことをより明確にするために、前回はパソコンについて慣れない解説をした、ということも含めて。

でも、このサイトはミステリー小説ではないので、読者を最後まで裏切って楽しませる必要はありません。

だから話の持って行き方を読まれても、まあ良いんじゃないかと思います。



■CADというソフト

様々なソフトをインストールすることで、そのソフト特有の機能がパソコンで利用できる。

これがパソコンの便利な点です。

そして、建築施工図を書く為の道具がどんなものなのか、という部分の具体的な話になる訳ですけど……

まあ予想された通りかも知れませんが、その道具もパソコンにソフトとしてインストールするものなんです。

図面を書くというのは、基本的に色々と計算をしながらの作業が必要になってきます。

パソコンの得意分野である「正確な計算」を生かすには、ぴったりの分野ということですね。

それが「CAD」と呼ばれるソフトです。

「CAD」というソフトをインストールすることで、パソコンを使って図面を書く機能が利用できるようになる。

この項目最初の表現を使うと、そんな感じになります。

ということで、今回は「CAD」というソフトについて、まずは簡単に説明をしていきたいと思います。

■CADとは何か?

CADというのは、先ほども書きましたが、パソコンにインストールして使用するソフトです。

ワープロは書類を作る為に存在し、ブラウザはインターネット上のウェブサイトを閲覧する為に存在します。

このように、ソフトには必ず明確な目的がある訳です。

「こういう機能を追加するソフトです」というように、明確な目的がなければ、そのソフトは販売しても売れませんから。

CADというソフトの目的は「図面を書くこと」です。

もちろんその先には、書いた図面を印刷したり、作成したデータをメールで送ったりという話があります。

でもその前の大前提として、パソコンを使って図面を書く為のソフトがCADである、ということになります。

ちなみにCADというのは、以下の言葉の頭文字をとった言葉です。

Computer :コンピュータ

Aided :支援

Design :設計

要するに「コンピュータを使って設計を支援する」というソフトである、ということですね。

こんな事を知っていても、実際の仕事では全然役に立ちませんが……

まあ知っておいても全く無意味というほどの事でもないので、大まかに覚えておいても良いと思います。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ