建築施工図とCAD

建築施工図を書くプロになる為には、建築や施工の知識が必要になる。

これは非常に基本的な話ですから、今まで他のカテゴリでも、何度も繰り返し書いてきた内容です。

まあ当たり前の話すぎて「何を今さら」という感じかも知れませんが。

料理人が食材についての深い知識を必要とするように、建築施工図を書く仕事では、建築の知識を必要とする。

ちょっと陳腐な例えではありますが、まあそういうことです。

そして、建築に関する知識の量が多ければ多いほど、より精度の高い建築施工図を書くことが出来る。

これも非常に分かりやすい事実だと思います。

しかし、このカテゴリで書いていくのは、建築や施工の知識などとは少し違う内容の話です。

もちろん「建築の知識が必要」ということを前提としていますが、それにプラスして、さらに必要なスキルがある。

そんなテーマで色々と書いていこうと思っています。



■建築の知識だけではなく

建築施工図を書く為には、建築や施工に関する知識が必要となりますが、必要なスキルはそれだけではありません。

その豊富な知識を、実際に建築現場で使う「建築施工図」という図面に表現する為のスキル。

これが必要になるんです。

どんな知識であっても、それを何らかの手段で表現しないことには、相手に伝わることがありません。

建築施工図を書くことを仕事にするのなら、その知識を仕事の成果品である「建築施工図」に表現する。

これは当たり前のことですが、実際に建築施工図を「書く」為のスキルは、建築の知識とは少し別の話なんです。

いくら建築関連に知識が豊富であっても、建築施工図を書くスキルが低ければ、宝の持ち腐れになってしまう。

それではちょっと勿体ないですよね。

と、ちょっとまわりくどい書き方をしましたが、要するにこのカテゴリでは「CAD」について色々と書いてみようと思います。

■CADのスキル

建築施工図のプロになる為に必要なスキルとして、建築関連の知識と並んで重要なCADのスキル。

実際には建築系の知識に比べて軽視されがちですけど、実施兄は非常に重要なスキルだと考えています。

だからこそ、既に建築の知識を持っている方は特に、このカテゴリを良く読んで欲しい。

そんなことを思ってます。

また料理の例えでひねりがありませんが……

建築施工図を書く為に必要なCADのスキルは、料理をする際に包丁をどれくらい自由に使えるか、という話に似ています。

いくら食材についての豊富な知識があっても、それを生かす為には包丁でその食材を加工する必要があります。

そうしないと、誰も食べることが出来ませんから。

CADを使って建築施工図を書くという行為も、全く同じような話です。

いくら建築に関する豊富な知識を持っていたとしても、それを実際の建築施工図に表現しないと誰にも伝わらりません。

建築施工図は誰かに見られ、実際に使われてナンボですから。

料理の評論家であれば、食材の知識とか、実際に食べた感想を述べるスキルさえあれば済みます。

でも建築施工図には評論家など必要ありません。

だから口だけで仕事をするのではなく、実際に自分の手を動かして図面を書く必要があるんです。

これは知識だけでは出来ない事で、毎日繰り返し使うことによって手に馴染ませていくしかありません。

……というような内容で、このカテゴリではCADについて色々と書いていこうと思っています。

建築施工図を書くことに興味がある方なら、CADは避けては通れない道ですから、ぜひ一度読んでみて貰えれば嬉しいです。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ