理想と現実のバランスを

必要とされる情報を盛り込み、かつ「誰が見ても分かりやすい」内容の建築施工図を書く。

前回はそんな内容の話をして、ついでに、現実は少し厳しい面もあることも付け加えておきました。

「商品」の価値を高めるには、完成度の高さを磨くしかない。

それは分かり切った事実ですから、出来る限りユーザーの声に耳を傾けて、良い図面を提供したいものです。



■分かりやすい図面の矛盾

建築施工図が「分かりやすいかどうか」は、見る側のスキルと経験と「どう感じるか」で大きく変わってきます。

それはもう残酷なくらいに。

それなのに「誰が見ても分かるような建築施工図を…」というのは、かなり難しい問題だと思います。

正解などないに等しく、というか、正解は「どんな人が見ても分かる」だけど、実現不可能な理想論では意味がありません。

と、このように、分かりやすい図面というのは、あまり議論をしたくないような要素でもあるんです。

結局は自分の中で自信を持って「これで分かりやすい表現になってる」と思うしかない。

これが作図をする側としては、かなりツライところですね。

しかも、あまりにも自信を持ちすぎると、「これは分かりにくい」と言ってきた相手と喧嘩になることも。

自分が作成した商品に自信を持つのは良いことですが、それによって相手の話に耳を傾けなくなるのは、あまり良いことじゃないかな。

話し合いというのは一方通行になった瞬間から、もう話し合いではなくなってしまいますから。

■もちろん限度もある

ユーザーである職人さんの意見に耳を傾けるのは、建築施工図の作図者として非常に重要なことです。

しかし、意見に耳を傾けすぎるのも問題なんです。

何事にも限度があって、そのバランスが重要になってくる、という事も知っておきべきです。

そうしないと、何から何まで建築施工図に記載されているべき、という感じになってしまいます。

そうすると、立場的に建築施工図を作図している側だけが圧倒的に悪い、みたいな話になりがちです。

実際に建築施工図に非があるのであれば、作図をした技術者として大いに反省をするべきです。

しかしそうでなければ、全部が反省という訳でもないですよね。

理想的な建築施工図を書く、ということを目指して努力をするのは、プロであればごく当たり前の話です。

高いレベルを目指さない技術者に未来はない、です。

しかしそれはあくまでも「現実に身を置きながら」にしておかないと、努力をする意味がありません。

プロとして目指すのは、絵に描いた餅みたいなレベルではなく、本当に実現可能な現実味のあるレベルであるべき。

私は今まで建築施工図を書いてきて、色々な経験してきた結果、そういう考え方を持つようになりました。

こういう考え方は、単純に逃げとか保身が上手くなったとか、そういう話ではないと思っています。

もちろん正解がどれなのかは私にも分からないので、仕事をこなしながらずっと正解を求めていくしかありませんけど。

■現実に身を置くとは?

「現実に身を置きながら」理想的な建築施工図を目指すというのは、具体的にはどういうことなのか。

そもそも「現実」とは何を意味するのか。

具体的な表現をするとつまり、時間に制限があることと、かけられるコストに限度があること。

これですね。

これらの要素を無視して「理想的な建築施工図とは…」とか言っても、それなら趣味でやってくれという話になります。

趣味であれば時間にもお金にも制限なんてありませんし、それで文句を言う人も存在しませんから。

でもそうではなく、仕事として建築施工図を書くのなら、やはり色々な縛りがあるのを受け入れるしかありません。

そんな限られた厳しい条件の中でも、最大限の努力をして「ベター」を目指すのがプロの仕事。

そうした条件を全く考えずに「ベストな建築施工図とは…」と語るのは、全然プロの仕事とは言えません。

そういう実現不可能な理想を追い求めることは、実際にはあまり意味がないことなんですよね。

もちろん仕事ですから「理想的な話だよね」で済ますことは出来ず、出来る努力は全て実行していく必要はあります。

ちょっと矛盾を感じるかも知れませんが、それらのバランスを取りながら、プロとしてやるべき努力はする。

それが建築施工図のプロに求められることだと思っています。

仕事なんだから、分かりやすい正解なんてない…という考え方が、最も正解に近いんじゃないか。

そう私は思っています。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ