CADの種類について

前回はCADの概要について簡単に説明をしてみました。

ちょっと簡単すぎる説明かも知れませんが、この程度の概要さえ知っていれば問題はありません。

実際にCADを使った仕事をしていても、「CADってどういう意味?」って聞かれることはまずないですから。

ただ、自分がやっている仕事で日々使うソフトになるのなら、概要くらいは知っておいた方が良いのでは。

そういう意味で、CADとは何か?について書いてみた訳です。

ここまでの概要については、自分が知っておくべき知識ということで、あまり実務で役に立つ機会がないかも知れません。

それだけで終わるのはもったいないので、今回はもう少し具体的な内容に触れてみたいと思います。



■CADの種類

CADというのは、パソコン上で図面を書く為のソフトですが、これはあくまでも総称なんです。

たとえば「液晶テレビ」と一言でいっても、メーカーによって様々な商品が用意されてますよね?

SONYなら「BRAVIA(ブラビア)」、シャープなら「AQUOS(アクオス)」などなど……

ほかにもメーカーによって色々な呼び方がありますが、大きなカテゴリとしては「液晶テレビ」ということになります。

CADもそれと同じで、「CAD」とひと括りにしても、メーカーによって色々なCADが販売されているんです。

具体的には?ということで、有名なCADをここで挙げていくと……

・AutoCAD(オートデスク(株)

Jw_cad

・ARCDRAW((株)ダイテック

・VectorWorks(エーアンドエー(株)

これらのCADは、私が実際に使っている人がいることを知っている、というCADを挙げたものです。

また、一般的な機能を持っている、いわゆる「汎用CAD」だと思うものを挙げてみました。

■図面の用途によって

ネットで調べてみると分かりますが、これ以外にもCADは色々な種類があって、様々な用途で使用されています。

だから、CADオペレータという仕事がありますが、その中でもどんなCADを使えるかが人によって違う、ということになります。

CADの名前は商品名ですから、そのCADを作っている会社によって様々で、当然持っている機能も少しずつ違ってきます。

ただし目的は同じで、色々な図面を書くためのツールとして、CADというソフトは存在します。

とはいえ、図面の種類は一種類だけではありません。

このサイトで説明をしている「建築施工図」は、そんな図面というカテゴリの中のひとつに過ぎません。

建築以外にも設備系の図面があったり、施工図ではなく設計図であったりと、図面の用途や細かさは本当に色々あります。

それぞれの図面に適した機能が違う以上、CADの機能もそれぞれに用意されていないと不便ですよね。

具体的に言うと、設備用のCADとか建築用のCADとか、3DCADなどがそれに該当します。

そうした目的に合わせた図面を書く為に、様々なCADが用意されている、という感じです。

先ほど紹介した「汎用CAD」というのは、基本的な機能を持っているCADで、どんな図面でも書くことが出来るようになっています。

でも、たとえば設備の図面を書く為に特化してある訳ではないので、設備専門のCADに比べると機能が足りない、ということが多いです。

これはどんな分野の図面であっても同じです。

だから、これからCADを覚えようと考えている方にとっては、「どのCADを覚えるのか」が重要になってくるんです。

だって、覚えたCADによって書く図面の種類は変わってくる訳ですから。

<< トップ >>
サブコンテンツ

このページの先頭へ